あこがれの大学生活

あこがれの大学生活

大学選びで間違えないために

大学選びは、いろいろな要素がからむので、悩んでしまう人も多いでしょう。何を重視して選ぶべきか、そのポイントをあげていきます。まず、自分の学力の現状を分析しましょう。その上で、ある程度の努力で行くことができそうなラインを見極めることが必要です。その上で、自分が将来どんな仕事につきたいかをイメージしましょう。この点、なかなかイメージが難しいかも知れませんが、そのような場合には、難関大学の法学部や経済学部をとりあえず選んでおく、というのも無難な選択肢の一つです。また、医者になりたい場合には、通常の学部より難しい医学部の受験を突破しなければいけませんので、より詳細な検討が必要になります。同じような難易度でどの大学を選ぶか迷った場合には、学園祭に行ってみて、その雰囲気を直接あじわってみるのもよいでしょう。そうすると、自分に合うか合わないか、直観的に判断できるようになります。また、そのことが勉強のモチベーション維持にも資するでしょう。加えて、学費についても検討する必要があります。親が出してくれるのか、自分のアルバイトなどで払うのか、奨学金を使うのか、といった選択肢があります。東京に下宿する場合には、アパート代などの生活費もかなりかかるので、この点も考慮が必要になります。

大学の選び方について

どの大学を目指すのか、という決定はその後の学習プランから何十年先もの未来を左右する重要な決定と言えると思います。そんな志望校選びの際に、どこから情報を集め、どんな点に注意するべきなのでしょうか。一般に、高等学校で紹介される情報ソースとしては、電話帳のように分厚い大学情報誌、大学公式ホームぺージ、各教育関係企業によって運営されるデータベース、学校のOB・OGによる体験レポート、オープンキャンパス、模擬授業などが主流だと考えられます。それらの情報ソースから多角的に多くの情報を集めることはもちろん必要ですが、それ以外にも注目すべきものがあります。それがネット上に見られる大学の批判や不満です。それらの信憑性が高いとは言えませんが、批判や不満から実際のキャンパスライフがどのようなものであるかを推し量ることもできるはずです。授業の質が低い、雰囲気が悪い、総務部の仕事が遅いなどのネガティブな意見はもちろん公式ホームページやオープンキャンパスでは見られませんし、書面にのこるOB・OGの体験レポートでも書き難いものです。しかし、インターネットの匿名性によって、それらのネガティブな意見を知ることが出来るのは大きなメリットです。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見も比較検討して、後悔の少ない志望校選択をしてください。

おすすめWEBサイト 8選

痛みの少ない歯科治療(無痛治療)を心がけた藤沢駅近くの歯科

藤沢駅の歯科

歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」

インプラント 東京

オーダーメイド診療で、お客様一人一人にあった治療を心がけています。

横浜市の訪問歯科に相談

居心地のいい雰囲気の開放的な青山の美容院

青山 美容院

マンガ文化を世界へ!

広告マンガ 制作

札幌にあるネイルサロン&JNA認定校ネイルスクール

札幌でネイルをアレンジ

浮気調査の依頼は姫路・神戸市の探偵へ

神戸市 探偵

幅広いネットワークにより、様々な問題に対応可能です

税理士 岐阜

2017/6/9 更新